「リユース食器は使いません」

リユース食器の環境配慮の優位性なんかの認知度、実はまだまだ新潟では高くありませんハートブレイク

イベントでの長年の既得権益を手放したくない場合が多くて、ふるーい意識が邪魔をしますショック!

 

先日、県内の△△市の環境企画課から電話がありました。

「リユース食器は使わないことになったから、食器のサンプルを回収してください」

70㌔離れてますが、ついでがあるので、回収はOKです。

 

また、6月末だったか、別の県内○○市の観光交流課(たしか)から、「大きなイベントに

リユース食器を提案したいから、話を聞かせてください」と電話をいただきました。

その後、何の音沙汰もなく、そのイベント打ち上げ花火は終了。

市長が、担当課に「ごみを減らしなさい」と暗にリユース食器導入に道を開いてくださって

いたのに・・・です。

 

リユース食器を貸し出しする自治体が出てきてる社会変化に、新潟県ついていきましょーよビックリマーク